宮原大樹(宇治山田商高)はドラフト何位指名か予想!球種や球速も紹介!

どうも管理人のたいがだ。

この記事では、高校野球について記事を書いていこうと思っている。

別記事でも書いたが、宮原大樹投手についてだ。

何故、この選手を紹介すると言うと2017年のドラフト候補に入っているからである。

 

ドラフト候補と言うことは、プロ野球球団から指名されればプロ球団に入団することが出来る。

あくまで、入団出来ると言うだけあってそこから激しい競争に勝たないといけなく、1軍に昇格しないと年俸も全然違ってくる。

 

では、一体どんな選手なのか紹介していくぞ!

【関連記事】

宮原大樹(宇治山田商高)の中学校と高校時代の成績や実力を紹介!

スポンサードリンク

宮原大樹のプロフィールは?

名前    宮原 大樹(みやはら だいき)

生年月日  不明

出身地   三重県伊勢市

体重    82kg

身長    187cm

血液型   不明

ポジション 投手

投打    右投げ右打ち

 

野球を始めたのは、小学校1年生の時になる。

小学校時代から地元のリトルリーグ(伊勢リトルリーグ)に所属していた。

リトルリーグと言えば、ボールは硬式ボールを使うので投手は特に肘への負担が大きい。

それもあってか、中学校に進学した際には中学校の野球部に所属して軟式ボールでの

練習となった。

中学校卒業後は、宇治山田商業高校に進学することになる。

高校時代の成績については、後ほど書いていこうと思う。

 

プロフィールを見て思ったことだが、恵まれた体型をしている。

身長が187cmに体重82キロと投手は高身長であることはアドバンテージになる。

身長は努力して伸ばせるものではないので、高いと言うことはメリットになるな。

 

では、次にドラフト何位指名なのか予想してみようと思う。

スポンサードリンク






 

ドラフト何位指名か予想!

ドラフト順位に大きく影響すると言っていいのは、高校時代の成績だろう。

 

では、高校時代にどの様な成績を残してきたのか紹介していこうと思う。

何と高校1年の夏からベンチ入りを果たしており、将来を有望されている選手であったことが分かる。

 

1年時の秋からはチームのエースとして三重県の秋季大会ではベスト8とチームの勝利に大きく貢献したことが分かる。

2年時の春季三重県大会では、ベスト4と確実にチームの力が付いてきていることを実感出来た。

 

これまで、順風満帆だと思われたが2年の夏前に右肩の腱板を痛めてしまう。

 

夏の三重県予選も1回戦敗退と言うチーム力の低下が手に取るように分かる。

 

そして、最後の夏となった2017年の三重県予選では2回戦敗退と甲子園の土を踏むことは無かった・・・

 

これまでの成績を加味してドラフト何位指名なのかを予想するが、2年時に肩を痛めたことが相当尾を引いているな・・・

正直、甲子園まで後一歩と言うところまで来ていたが2年の夏以降正直さっぱりしない内容だ・・・

 

この成績では、ドラフト上位指名はほぼ無いだろう。

恐らく、5位以下の指名ではないかと管理人は予想する。

 

まーあくまで管理人の勝手な予想ではあるので俺の予想を裏切って欲しいと思うな。

スポンサードリンク






 

球種や球速も紹介!

ストレートは最速143キロを投げることが出来る。

変化球は、スライダー・カーブ・フォークを持っている。

ストレートは早いが制球力がないので、正直四球が多い。

 

いくら早い球を投げようが、多種多様な変化球を投げようが制球力がないと意味がない。

 

これは本人も重々承知だとは思うが、これを克服しないとプロでの活躍は難しいと思うな・・・

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください